メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうする安保

「生存権を侵害」全国14例目 地裁に違憲訴訟 /大分

横断幕を掲げて大分地裁に向かう原告ら

 2015年9月に成立した安全保障関連法が憲法に違反し、平和的生存権の侵害にあたるとして、県内の有志42人が10日、国を相手取り、1人当たり10万円の損害賠償を求めて大分地裁に提訴した。原告弁護団によると、全国の地裁で14例目の提訴とみられる。

 訴状によると、集団的自衛権の行使を容認した安保関連法について、憲法9条に違反しており無効だと主張。軍事色の強い後方支援は、他国からの反撃やテ…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜島が噴火 噴煙5000メートル 昨年11月以来 噴石など注意呼びかけ

  2. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

  3. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  4. 気分は忍者! オニバスの葉に乗る体験会 滋賀の植物公園

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです