メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

2019年皇太子さま即位 代替わり、新しい形 新元号、幅広く議論も

 2019年1月1日に皇太子さまが新天皇に即位する日程で政府が検討に入ったことを受け、代替わりへの準備が進むことになる。天皇の逝去を伴わないことで、元号制定過程の変化や儀式の短縮化など、新しい形になりそうだ。

 明治以後の元号制定は、天皇の逝去を受けてスタートする建前だった。事前に退位の日時が定められる今回は、元号制定をめぐるさまざまな事情が根本的に変わる。課題は多いが、事前の準備をオープンに進めることができる利点もある。

 元号法は「皇位の継承があった場合に限り改める」と定める。皇太子さまが新天皇に即位されるのに合わせて、新たな元号が実施される。天皇とその時代の関連を明確にするため、明治時代に天皇一代に年号一つと定めた一世一元制にならったものだ。

この記事は有料記事です。

残り2093文字(全文2419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです