メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

米ITが救う!? グーグル・アップル、EU離脱後も投資

英国への投資を増加させる米国企業

 【ロンドン三沢耕平】欧州連合(EU)から離脱する英国で、グーグルやアップルなどの米IT企業が相次いで新たな投資を打ち出している。世界最大の単一市場から抜けることで「英国から企業が逃げ出す」との懸念が強まるが、米IT企業には有能な人材を英国で確保できるとの期待がある。英国がテクノロジーの先端を走る「第2のシリコンバレー」となれるか、今後の動きが注目される。

この記事は有料記事です。

残り1129文字(全文1308文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 座間事件 「後悔はある。もっと遊びたかった」 9人殺害・白石被告一問一答(その1)

  4. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  5. 富山・クマの人身被害、5日連続 ラジオ体操帰りの3人重軽傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです