メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
頂へ

2017年・錦織圭の戦い/上 真後ろでトップ2追う

15年全豪オープンで苦しみながら8強まで勝ち進んだ錦織=喜屋武真之介撮影

 普段は穏やかな目つきが急に鋭くなった。

 「居心地の悪さは全くなくなった。昨年(2015年)の5位とは、違った意味合いがある」

 16年シーズンを世界ランキング5位で終えた男子テニスの錦織圭(日清食品)は、昨年末のインタビューできっぱりと言い切った。

 錦織の言う「居心地の悪さ」とは、世界のトップ10に居続けることで感じる重圧を意味する。14年全米オープンで日本勢初の決勝に進み、準優勝したのは記憶に新しい。世界ランキング17位でシーズンをスタートさせた14年は、11位で臨んだ全米オープンの快進撃で9月には8位まで順位を上げ、そこから2年以上ランキング10位以内を維持し続けている。しかし、当初は世界トップクラスの仲間入りをしたことが心にもどかしさも生んでいた。

 世界ランキング5位で迎えた15年、心境の変化が訪れた。象徴的だったのが4大大会初戦の1月の全豪オー…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文1087文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

  2. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  3. 「ようこそ」韓国語で歓迎 北海道が観光需要回復に躍起

  4. 磯部温泉 安中市、「恋人の聖地」に 「結び処」を設置、カップル呼び込め /群馬

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです