メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外最高裁、大崎事件の92歳女性の再審認めず
高速バス

初の完全個室型 東京・大阪間で18日から

座席がパーティションで区切られた夜行高速バス「DREAM SLEEPER 東京・大阪号」の車内

 関東バス(東京都中野区)と両備ホールディングス(岡山市)は、完全個室型の夜行高速バス「DREAM SLEEPER 東京・大阪号」を18日から東京-大阪間で運行を始めると発表した。両社によると、全座席に扉が付いた完全個室を備えた高速バスは業界初といい、料金は新幹線料金とビジネスホテル代を想定した片道2万円(小児1万5500円)という設定で、ビジネス客の利用を見込んでいる。

 座席は、扉とパーティションで仕切られた電動式のリクライニングシートになっており、全11席。温水洗浄…

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文807文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです