三菱電機

入社1年目社員に違法な長時間残業 書類送検 

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

厚労省神奈川労働局が労働基準法違反(長時間労働)容疑で

 労使協定で定めた上限を超える違法な長時間残業を入社1年目の男性社員(31)にさせていたとして、厚生労働省神奈川労働局は11日、法人としての三菱電機と当時の上司を労働基準法違反(長時間労働)容疑で横浜地検に書類送検した。男性は適応障害で昨年11月に労災認定されている。広告大手の電通に続き、大企業が入社間もない社員に違法な長時間労働を強いている実態が浮かんだ。

 書類送検容疑は、神奈川県鎌倉市大船5の同社情報技術総合研究所で医療用半導体レーザーの研究開発などを担当した男性(2013年4月入社)に14年1月16日~2月15日に、それまでの倍以上の月100時間を超える時間外労働をさせたとしている。

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文597文字)

あわせて読みたい

ニュース特集