メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

淀川橋梁

消える「水面すれすれ橋」 架け替え決定

阪神なんば線の鉄橋 堤防より低い位置を走る

 阪神なんば線の鉄橋で、淀川に架かる橋では橋桁が最も低い「淀川橋梁(きょうりょう)」(758メートル、大阪市此花区・西淀川区)が架け替えられることになった。国土交通省近畿地方整備局、大阪府・市、阪神電鉄が11日の会合で方針を確認した。水面から橋桁まで4メートル強しかなく、堤防より低い位置を走るため、防潮扉が線路を横切る全国でも珍しい場所。洪水時には流れが滞る危険性があり、津波発生時の弱さも指摘されてきた。現在地より下流側に堤防より約3メートル高い橋を架ける案で、近く地元説明に入り、着工から約15年で完成を目指す。

 近畿地整によると、淀川橋梁は1924年に設置。河口から3キロ弱で、大阪湾の平均海面から橋桁まで4.28メートル。古い橋のため橋脚は39本と多く、洪水時に水の流れを阻害する恐れがある。また、線路は堤防より1.8メートル低い高さ6.3メートルを走り、高潮時には堤防の防潮扉を閉じるため電車の運行ができなくなる。

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  5. 契約額は「22円」 三菱電機、ミサイル監視の衛星研究を驚きの低価格で受注

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです