英国

グーグル、アップルなどEU離脱後も投資

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
英国への投資を増加させる米国企業
英国への投資を増加させる米国企業

 【ロンドン三沢耕平】欧州連合(EU)から離脱する英国で、グーグルやアップルなどの米IT企業が相次いで新たな投資を打ち出している。世界最大の単一市場から抜けることで「英国から企業が逃げ出す」との懸念が強まるが、米IT企業には有能な人材を英国で確保できるとの期待がある。英国がテクノロジーの先端を走る「第2のシリコンバレー」となれるか、今後の動きが注目される。

この記事は有料記事です。

残り1126文字(全文1305文字)

あわせて読みたい

注目の特集