台湾

「脱原発法」可決へ 再エネ比率、大幅引き上げ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
台湾の原発
台湾の原発

 【台北・鈴木玲子】台湾の蔡英文政権が2025年までに脱原発を実現するため提案した電気事業法改正案が11日にも立法院(国会)で可決される見通しになった。脱原発が実現すれば、アジアでは初めて。代替の再生可能エネルギーを今後9年間で普及・拡大させられるかが鍵だ。

 蔡氏は昨年1月の総統選で脱原発を公約に掲げていた。改正法案では、再生エネ比率を大幅に引き上げるため、電力自由化により再生エネ事業への民間参入を促す。産業界には「電力供給が不安定化し価格の高騰を招く」との懸念があるが、可決は確…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文605文字)

あわせて読みたい

注目の特集