メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2017年のキーワード

有馬晴海さん(1)「孤」の時代 日本はどう立ち向かうか

 新春企画「2017年のキーワード」は、好評インタビュー連載「永田町の目」でおなじみの政治評論家、有馬晴海さんが2回にわたって2017年の内外の政治動向を占う。米大統領選で旋風を巻き起こした「トランプ現象」や英国の欧州連合(EU)離脱など、自国を優先するユニラテラリズム(単独行動主義)と保護主義が台頭しつつある中、有馬さんは今年のキーワードとして「孤」を選んだ。その心はいかに? 初回は、難しい外交交渉のかじ取りが迫られている安倍晋三首相の胸中を考えた。【錦織祐一/デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り7460文字(全文7705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  5. ダブルベッド 武田航平×山本ソニアの「同棲生活」6日目 本音トークを経て、最後の夜は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです