メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

この国はどこへ行こうとしているのか2017 「文芸春秋」元編集長・堤堯さん

=東京都練馬区で、宮間俊樹撮影

米国との知恵くらべ

 「僕は憲法改正派だよ。いいのかい?」。電話でインタビューを申し込んだら、けげんな声が返ってきた。元「文芸春秋」編集長で、ジャーナリストの堤堯さん。御年80歳。保守も保守、リベラルなど蹴っ飛ばせとばかりに歯に衣(きぬ)着せず、天下国家を論じているから念を押してきたのだが、傾聴すべき意見は少なくない。予想もつかぬ2017年なればこそ、おっかなびっくり会ってみたのだ。

 夕暮れ、私鉄沿線の本屋で待ち合わせ、すし屋ののれんをくぐった。堤さん、若おかみに言った。「ビールは…

この記事は有料記事です。

残り2625文字(全文2867文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  5. ORICON NEWS 山口真帆、卒業後初TVでマカオ旅を満喫 タイプの男性は「自分に厳しく頑張ってる人」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです