メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

鳥たちと冬の朝=近藤勝重

 ケヤキの枯れ枝に鳥がとまっている。1羽だけかな、と思ってあたりを見ると、細かく枝が分かれて伸びている上方にもう1羽、同じ鳥がとまっていた。眺めているうちに、淡彩で描いた一幅の絵を見入る気分になった。

 風がそよいで小枝を揺らしている。1羽がピッピーと鳴きながら枝から枝へと移り、連れの1羽もその声に応じてさえずっている。

 と、風がまたそよいで鳥が鳴いた。起きてからそれほど動いていない体が、自然の音に呼びさまされる感を覚…

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文890文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  3. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  4. 中村さん事件で生存者 後続車運転の男性「突然の銃声、20秒の犯行」

  5. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです