メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おもしろいもの観た?

よりよき世界目指す「ジハード」

「ジハード」の一場面=カメラマン、石澤知絵子撮影

 「イスラムフォビア(イスラム恐怖症)」という言葉は日本ではなじみが薄いかもしれない。欧州では、2015年11月のパリ同時多発テロ以降、イスラム教徒の移民排斥を訴える右翼政党が台頭し、移民を多く受け入れ多様性をうたってきた社会を揺るがしている。

 そんな中、宗教に対する偏見や差別に孤立感を深める移民2世の若者たちを描き、フランス語圏で話題を呼んでいるベルギー発の舞台「ジハード」のリーディング公演(イスマエル・サイディ作、田ノ口誠悟訳、瀬戸山美咲演出、12月17、18日、東京芸術劇場アトリエウエスト)が日本で初演された。

 作家自身もベルギー出身のモロッコ系移民2世。ブリュッセルに住む移民2世の若者、イスマエル(日下部そう)、レダ(盛隆二)、ベン(本折最強(もとおりさいきょう)さとし)の3人は「ジハード」のため、内戦の続くシリアへ向かうが……。

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです