メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おもしろいもの観た?

よりよき世界目指す「ジハード」

「ジハード」の一場面=カメラマン、石澤知絵子撮影

 「イスラムフォビア(イスラム恐怖症)」という言葉は日本ではなじみが薄いかもしれない。欧州では、2015年11月のパリ同時多発テロ以降、イスラム教徒の移民排斥を訴える右翼政党が台頭し、移民を多く受け入れ多様性をうたってきた社会を揺るがしている。

 そんな中、宗教に対する偏見や差別に孤立感を深める移民2世の若者たちを描き、フランス語圏で話題を呼んでいるベルギー発の舞台「ジハード」のリーディング公演(イスマエル・サイディ作、田ノ口誠悟訳、瀬戸山美咲演出、12月17、18日、東京芸術劇場アトリエウエスト)が日本で初演された。

 作家自身もベルギー出身のモロッコ系移民2世。ブリュッセルに住む移民2世の若者、イスマエル(日下部そ…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文766文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
  3. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに
  4. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入
  5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]