メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「何度も衝突 誕生」 巨大衝突、覆す新説 小天体、原始地球へ 岩石かけら集まり

 地球の周りを回る月は、誕生後間もない原始地球に小天体が複数回衝突することで作られたとするシミュレーション結果を、イスラエルのワイツマン科学研究所などのチームが英科学誌ネイチャージオサイエンス電子版に発表した。巨大天体が地球に一度だけ衝突して誕生したとされる「巨大衝突説」が有力視されているが、矛盾もあった。新説の登場で、月誕生のなぞの解明が期待される。

 月の誕生を巡っては、従来、地球の約半分の大きさの巨大天体が約46億年前の誕生後間もない原始地球に衝…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文493文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです