メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次世代の戦後

記憶と表現 批評の現在 近畿大文芸学部准教授 大澤聡さん(38)

大宅壮一流「鳥の目」を再び

 「一億総評論家」「クチコミ」など今も耳にする造語の名人がかつていた。評論家、大宅(おおや)壮一(1900~70年)だ。政治経済から世態風俗まであらゆる社会事象を平明な文章で論じ、時代の先行きを羅針盤さながらに示した。新聞、出版、ラジオ、テレビに加え、この二十余年の間に急成長したネット社会は批評や評論にどんな影響を及ぼしているのか。玄人の知識と素人の疑問を上手に結び付けた大宅の姿勢に共鳴するという批評家で近畿大文芸学部准教授(メディア史)、大澤聡さん(38)の思いを聞いた。【有本忠浩】

 大澤さんが大学に入学した90年代末、本格的なインターネット時代が幕をあけた。パソコンを広く普及させ…

この記事は有料記事です。

残り1683文字(全文1991文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  4. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」
  5. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです