メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラインに流れてくる回収トレーから不要品を取り除く障害者ら=茨城県八千代町のエフピコ関東リサイクル工場で

 障害者を雇う企業がなかなか増えない。改正障害者雇用促進法が昨春に施行されたが、障害者の法定雇用率(2%)を守る企業は、半分以下の48・8%しかない。多くの障害者を正社員として雇う企業を訪ね、就労がうまくいく背景を探った。

 スーパーや学校から回収された食品トレーが、次々とベルトコンベヤーで流れてくる。その数、1日100万個。金属はくが付いたトレーや汚れの激しい納豆の容器などリサイクルできないものを、従業員がめざとく見つけ、取り除いていく。

この記事は有料記事です。

残り1574文字(全文1795文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 比例代表、れいわ2人目当選 重度身障者の木村さん
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです