メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラインに流れてくる回収トレーから不要品を取り除く障害者ら=茨城県八千代町のエフピコ関東リサイクル工場で

 障害者を雇う企業がなかなか増えない。改正障害者雇用促進法が昨春に施行されたが、障害者の法定雇用率(2%)を守る企業は、半分以下の48・8%しかない。多くの障害者を正社員として雇う企業を訪ね、就労がうまくいく背景を探った。

 スーパーや学校から回収された食品トレーが、次々とベルトコンベヤーで流れてくる。その数、1日100万個。金属はくが付いたトレーや汚れの激しい納豆の容器などリサイクルできないものを、従業員がめざとく見つけ、取り除いていく。

この記事は有料記事です。

残り1574文字(全文1795文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. 行く手を阻むバス、バス… 60台で巨大迷路 コロナ禍逆手に「はとバス」企画

  5. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです