メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

頂へ

2017年・錦織圭の戦い/中 勝つ代償、痛みとの闘い

 189・3センチ。これは男子テニスの世界ランキングトップ10の平均身長だ。その中で5位の錦織圭(日清食品)は178センチと最も低い。高い打点から打ち下ろすサーブは威力が増す上、手足の長さは守備範囲の広さにも影響するため、テニスでは長身選手ほど有利とされる。大柄の外国勢と互角に渡り合うため、身長の低い錦織は軽快なフットワークと巧みなショットで体格差を補い、世界トップクラスの地位を確立した。一方で勝ち上がる代償として、体への負担に悩まされている。

 「他の外国選手と比べて体格差のハンディはある。体が強い方ではないので、日々のトレーニングは絶対に欠…

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1151文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. 「今、一番したいのは練習」羽生結弦の一問一答(上)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです