メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
頂へ

2017年・錦織圭の戦い/中 勝つ代償、痛みとの闘い

 189・3センチ。これは男子テニスの世界ランキングトップ10の平均身長だ。その中で5位の錦織圭(日清食品)は178センチと最も低い。高い打点から打ち下ろすサーブは威力が増す上、手足の長さは守備範囲の広さにも影響するため、テニスでは長身選手ほど有利とされる。大柄の外国勢と互角に渡り合うため、身長の低い錦織は軽快なフットワークと巧みなショットで体格差を補い、世界トップクラスの地位を確立した。一方で勝ち上がる代償として、体への負担に悩まされている。

 「他の外国選手と比べて体格差のハンディはある。体が強い方ではないので、日々のトレーニングは絶対に欠…

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1151文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです