毎日地球未来賞

シャンティ山口 ラオス難民に教育を

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「シャンティ山口」がタイのパヤオ県に建設した学生寮で暮らす学生たち=同NPO提供
「シャンティ山口」がタイのパヤオ県に建設した学生寮で暮らす学生たち=同NPO提供

 食料・水・環境の分野で問題解決に取り組む個人や団体を顕彰する「第6回毎日地球未来賞」に、タイ北部でラオス難民の支援に取り組む特定NPO法人「シャンティ山口」(山口県周南市)が選ばれた。活動の舞台であるタイ北部の山岳地帯では、ベトナム戦争やラオス内戦を経てタイに移り住んだラオス難民やその子孫が暮らしている。主要な産業を持たず、慢性的な貧困状況にあり、不衛生な生活環境や子どもたちの栄養失調が問題だった。

 1993年に設立された同NPOは主に教育支援などの分野で生活改善に取り組んできた。パヤオ県に設置した保育園では給食の提供のほか、手洗いやタイ語の読み書きなどを指導。運営が軌道に乗った現在はタイ政府に運営を移管している。貧困を理由に通学を断念するケースが多いため、公立学校に通うための学生寮を建設。学生たちは寮の畑で農作物を育てる自給自足の生活を送りながら勉強に励んでいる。

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文773文字)

あわせて読みたい

注目の特集