メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー

橋下徹さんに聞く「トランプ現象」

インタビューに答える橋下徹さん=川平愛撮影

 既成の政治の枠外から来たトップが、その言動で物議を醸しながらも政治を進めていく――。米大統領に就任するドナルド・トランプ氏だけではない。日本では大阪府知事・市長を8年近く務め、国政政党の党首でもあった橋下徹さん(47)を思い浮かべる人も多いだろう。政治の一線から身を引いた橋下さんは、「トランプ現象」をどう見ているのか。ポピュリズムと民主政治、政治とメディアのあり方なども交えて聞いた。【聞き手は大阪社会部副部長・宇城昇、構成・念佛明奈】

 橋下 僕は今年のメディアや知識層におけるキーワードは「ポピュリズム」になると思っていますが、メディアが多用する「ポピュリズム」の定義はどうなっているのでしょうか。何をもって大衆迎合主義というのでしょう。

――欧米の「ポピュリズム」と呼ばれる勢力でいうと、その主張は極右、左派、ナショナリズムなど玉石混交です。

この記事は有料記事です。

残り8789文字(全文9163文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナのエアコンで「コロナ禍に打ち勝て」 一人親世帯に無償提供 新潟・三条

  2. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  3. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  4. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  5. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです