さいたま地裁

傷害事件で無罪 「正当防衛が成立」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 近隣住民を殴って大けがをさせたとして傷害罪に問われた男性(49)=さいたま市=に対する判決で、さいたま地裁は11日、無罪(求刑・懲役3年)を言い渡した。渡辺史朗裁判官は、正当防衛が成立すると判断した。

 男性は昨年6月、埼玉県川口市内の路上でトラブルになった60代男性の顔を殴って転倒させ、頭に全治約6カ月の重傷を負わせたと…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文406文字)

あわせて読みたい

ニュース特集