メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スキー

ノルディック世界Jr・距離 中野立志館高3年の宮崎選手が初出場 「入賞目指す」 /長野

宮崎日香里選手=北海道音威子府村で

 ノルディックスキーで20歳以下の世界の頂点を競う今年の世界ジュニア選手権(1月30日~2月5日、米ユタ州パークシティー)の距離に、中野立志館高3年の宮崎日香里選手(18)が初出場する。目標とする2022年北京冬季五輪出場を見据え、「入賞(6位以内)を目指す」と、国際舞台で力を試す。

 山ノ内町で生まれ、小学3年から競技を始めた宮崎選手は当初、練習熱心ではなかったという。「疲れるのでやりたくない。私が練習に来ると、夏なのに『雪が降る』と言われた」と振り返る。しかし、大会で好成績を収める中で楽しさを感じ、中学3年で「明確に五輪を目標にした」。

 昨冬は2月の全国高校総体女子5キロクラシカルで優勝し、5キロフリーは2位。ノルウェーのリレハンメルで行われた冬季ユース五輪では、自身初となる国際大会も経験した。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文747文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  2. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  3. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

  4. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

  5. 「揚げ足取りばかり」「対案示さない」 野党に厳しい意見 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです