メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
トランプ米次期大統領

会見 サイバー攻撃「露が関与」 関係改善には意欲

大統領選後初の記者会見で発言するトランプ次期大統領=米ニューヨークで11日、AP

 【ニューヨーク西田進一郎、ワシントン清水憲司】トランプ次期米大統領は11日、昨年11月の大統領選後初めて臨んだ記者会見で、「米国は巨額の(貿易)赤字を出している。中国、日本、メキシコ、ほとんどの国に対してだ」と述べ、貿易協定の見直しを含めた不均衡是正に意欲を示した。また、オバマ現政権の看板政策だった医療保険制度改革(オバマケア)を「完全な失敗だ」と批判し、撤廃を表明。現政権からの政策転換を印象付けた。

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1009文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米カジノ大手、大阪IR見送り 横浜に注力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです