メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「ら抜き」言葉、多数派に

 かつて「日本語の乱れ」の代名詞のごとく扱われてきた「ら抜き言葉」。文化庁が発表した2015年度「国語に関する世論調査」で、この「ら抜き言葉」を使う人が多数派になったという。これも世の流れということか。それとも日本語が壊れつつあるのか。「ことば」の達人に話を聞いた。【聞き手・尾中香尚里】

日本語は常に変化の過程 金田一秀穂・杏林大教授

 言語学者の仕事は、言葉がどう変化していくかを観察すること。「言葉はこうであるべきだ」と指針を示す役…

この記事は有料記事です。

残り4151文字(全文4368文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. 「税金の私物化では」と批判あふれる「桜を見る会」 何が問題か 国会質疑で分かったこと

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです