連載

論点

ニュースをそれぞれ立場を異にする専門家や識者らが意見を交わします。

連載一覧

論点

「ら抜き」言葉、多数派に

  • コメント
  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 かつて「日本語の乱れ」の代名詞のごとく扱われてきた「ら抜き言葉」。文化庁が発表した2015年度「国語に関する世論調査」で、この「ら抜き言葉」を使う人が多数派になったという。これも世の流れということか。それとも日本語が壊れつつあるのか。「ことば」の達人に話を聞いた。【聞き手・尾中香尚里】

日本語は常に変化の過程 金田一秀穂・杏林大教授

 言語学者の仕事は、言葉がどう変化していくかを観察すること。「言葉はこうであるべきだ」と指針を示す役ではない。「ら抜き言葉」についても「ああ、変わってきたのか」とは思うが、乱れているとは思わない。

この記事は有料記事です。

残り4103文字(全文4368文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

注目の特集