メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ次期米大統領

世界どう変える 識者の見方

記者会見で発言するトランプ次期米大統領=11日、ロイター

 今月20日のトランプ次期米大統領の就任式まで10日を切った。大統領選勝利後も、「アメリカ・ファースト(米国第一)」を前面に押し出し、世界を揺るがし続けるトランプ氏。各方面への影響を識者に聞いた。

 ◆中東政策

シリア収拾に期待 エジプト ムハンマド・オラビ元外相

 エジプト政府内にはトランプ氏の米大統領就任を歓迎する声が多い。大統領選の対立候補だったクリントン氏は、エジプトを含む中東政策の視点が固定化されていた。ムスリム同胞団などイスラム組織との融和が持論で、エジプト政府の方向性にそぐわない。トランプ氏は外交面での新味が期待できる。

 オバマ米政権下でエジプトと米国との関係は冷え込んだ。2013年7月に同胞団出身のモルシ大統領が軍の…

この記事は有料記事です。

残り2776文字(全文3093文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです