メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
始動

トランプ政権 米露改善、楽観できず 次期政権「強硬」議会向け 不信抱える露、政策見極め

 【ワシントン会川晴之、モスクワ杉尾直哉】トランプ次期米大統領とティラーソン次期国務長官は11日、ロシアとの関係改善を図る意向を強調した。トランプ氏は記者会見で、プーチン露大統領が自分のことを「好きなら、それは財産だ」と述べ、ティラーソン氏もロシアの「思考法を知り尽くしている」と胸を張った。オバマ政権幹部が「冷戦終結後では最悪の状況」と指摘する米露関係に修復の余地はあるのか。

 午前9時から米議会上院外交委員会で始まったティラーソン氏承認を審議する公聴会。推薦人にはブッシュ、…

この記事は有料記事です。

残り1030文字(全文1269文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです