メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

DeNA

新施設「ザ・ベイス」横浜スポーツタウン構想

「ベイス」として活用される旧関東財務局横浜財務事務所。横浜スタジアムに隣接する=横浜市中区で2017年1月12日午後4時27分、水戸健一撮影

 横浜DeNAベイスターズは12日、スポーツとまちづくりの融合を主眼とした「横浜スポーツタウン構想」を打ち出すなどの2017年の事業方針を発表した。横浜スタジアム北側にある市指定有形文化財の旧関東財務局横浜財務事務所を、拠点のスポーツ複合施設として3月にオープンさせる。また、岡村信悟社長は球場の大規模改修について「間もなく市に提案する」と意欲を示した。【水戸健一】

 新施設の名称は「THE BAYS(ザ・ベイス)」。新構想の基地(BASE)、横浜の港(BAY)、ベイスターズの文字を合わせた。同事務所は1928(昭和3)年に建設され、市が約8億円で耐震補強工事などを実施、球団が2億円弱で内装を整える。岡村社長は「ベイスに市民や企業の活動の領域を広げる『公共の磁場』を形成したい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 台風で常磐線、久留里線、鹿島線が計画運休 成田線も見合わせの可能性

  4. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです