厚労省

ホテルのフロント廃止も 旅館業法改正へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省は、ホテルと旅館のフロントについて、指紋認証などの情報技術(IT)で安全確保や本人確認ができる場合は、設置しないことも認める方針を固めた。外国人観光客が増える中、フロントに立ち寄らない客室内でのチェックインなど、「おもてなしの多様化」を促す。20日召集の通常国会に旅館業法の改正案を提出する。

 同法は、客の出入りを確認し薬物使用や売春を防ぐことを目的に、ホテル、旅館のフロントの設置を義務付けている。自治体への通知では、客と対面して宿帳記入がしやすいよう、幅は1.8メートル以上と定めている。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文531文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集