関西エアポート

「空港型市中免税店」大阪出店を中止

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 関西国際空港や大阪(伊丹)空港を運営する関西エアポートが、消費税だけでなく関税・酒税も免除される「空港型市中免税店」の大阪市内への出店計画を中止したことが12日、分かった。訪日外国人による「爆買い」の勢いが落ち、期待していた売上高が見込めないと判断した。

 昨年2月に公表した計画では、当時両空港を運営していた新関西国際空港会社と家電量販店「ビックカメラ」、韓国系のロッテ免税店が提携して、ビックカメ…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集