メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏会見

日米貿易摩擦の懸念 赤字削減要求へ

記者会見するトランプ次期米大統領=米東部ニューヨーク州のトランプタワーで2017年1月11日、西田進一郎撮影

 トランプ次期米大統領は11日の記者会見で、貿易赤字削減を目指す方針を表明した。貿易赤字相手国として中国、メキシコと並んで日本を名指し。2国間通商交渉を通じて赤字削減を迫ると見られる。米国自身が戦後、長い時間をかけて築いた自由貿易秩序を崩すだけでなく、結果的に米国を含む関係国経済を混乱させる恐れが強い。

 「米国の貿易協定は惨事だ」。トランプ氏は記者会見で力説し、貿易赤字は米国に不利な貿易協定が原因との考えを示した。選挙中から対中国、対メキシコの貿易赤字を問題視してきた。日本への言及はいったん影を潜めていたものの、再び矛先を向けた。

この記事は有料記事です。

残り999文字(全文1267文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  5. 「かっこよかった」「生き方教わった」最高齢ライオン・ナイル 死の前々日まで咆哮 京都市動物園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです