トランプ氏会見

対日赤字に不満 サイバー攻撃「露関与」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ニューヨーク西田進一郎、ワシントン清水憲司】トランプ次期米大統領は11日、昨年11月の大統領選後初めて臨んだ記者会見で、「米国は巨額の(貿易)赤字を出している。中国、日本、メキシコ、ほとんどの国に対してだ」と述べ、貿易協定の見直しを含めた不均衡是正に意欲を示した。また、オバマ現政権の看板政策だった医療保険制度改革(オバマケア)を「完全な失敗だ」と批判し、撤廃を表明。現政権からの政策転換を印象付けた。

 ニューヨークのトランプタワー1階ロビーで開かれた会見には、国内外メディアから数百人が出席。顧問弁護士によるトランプ氏の事業に関する説明も含めて、約1時間行われた。ツイッターで一方的な発信を続けているトランプ氏の会見は、昨年7月以来だ。

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1065文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集