岐阜・観光バス衝突

走行中に発病か 68歳運転手が死亡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

乗客ら42人けがなし 「事故前に苦しみ出した」の証言も

 12日午後3時半ごろ、岐阜県郡上市白鳥町長滝の国道156号で、大型観光バスが対向車線にはみ出して乗用車と正面衝突した。バスを運転していた福井県鯖江市の男性(68)が死亡し、乗用車を運転していた郡上市の女性(58)が胸などに軽傷を負った。バスの50代の交代運転手と乗客41人にけがはなか…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

あわせて読みたい

注目の特集