ES細胞

ミニ小腸作製に成功 移植に期待

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ヒトのES細胞(胚性幹細胞)から、機能を備えた「ミニ小腸」を作り出すことに成功したと、国立成育医療研究センター研究所の阿久津英憲・生殖医療研究部長らが12日、米医学誌「JCIインサイト」に発表した。腸の難病の治療法や創薬開発につながり、将来的には移植医療への応用も期待される。

 腸は臓器の中でも構造や機能が複雑で、さまざまな細胞に成長できるES細胞やiPS細胞(人工多能性幹細胞)から人工的に作り出すのは難しく、これまでに作製が報告されているのは表面部分…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文572文字)

あわせて読みたい

ニュース特集