メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2017年のキーワード

片渕須直監督 日本のアニメ「長く、広く」みんなで幸せになろう

 新春企画「2017年のキーワード」第4回は、長編アニメ映画「この世界の片隅に」の片渕須直監督。戦争中の広島を舞台に人々の生活を丁寧に描いて幅広い層から支持され、公開当初63館と小規模だった上映館数はうなぎ登りで増えている。インターネットを通じて寄付を募る「クラウドファンディング」で製作資金の一部を集めたことも話題となり、評判はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などの「口コミ」で広がっている。昨年は「君の名は。」(新海誠監督)なども大当たりし、躍進の年となった日本アニメ映画。さらなる普及に向け選んだキーワード「長く、広く」の言葉通りにヒットした背景と、日本アニメの今後について聞いた。【大村健一/デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り5246文字(全文5565文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです