メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トキ

日中韓で個体交換を 病気や環境激変へ備え

佐渡とき保護会の2017年カレンダーより=同会提供

 新潟県佐渡市で野生復帰事業が進む国の特別天然記念物、トキをめぐり、保護増殖の先輩格である中国や今年初放鳥を目指す韓国との協力関係が深まっている。日本のトキはルーツが中国産5羽に限られることから遺伝的多様性の脆弱(ぜいじゃく)さが指摘されており、遺伝的に遠い新たな個体の導入が急務だ。新潟市で昨年12月に開かれた「日中韓トキ国際会議」でもこの問題が主要議題となった。トキの保護増殖の現状と国際会議での議論を報告する。【青木浩芳】

 日本に生息するトキは、野生下で推定204羽(今年1月現在)、飼育下178羽(昨年11月現在)。19…

この記事は有料記事です。

残り1027文字(全文1292文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです