メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

冷凍食品とはの巻

マイナス18度でおいしさも鮮度もそのまま 調理には気を付けて

[PR]

スーパーで菊に出会った千鶴。 菊は冷凍食品を手にしていますが、眼鏡を外しています。 高齢者には、表示が見づらいようです。 冷凍食品に定義はあるのでしょうか? 前処理した食材を急速凍結して適切に包装し、マイナス18度以下を保って管理された食品のことです。 風味と栄養価はそのままで、食べる分だけ調理すればいいので簡単で便利ですね。 最近は若者は高齢者の単身世帯が増え、需要が高まっているそうです。
厚生労働省の規格には、食べる時に加熱するかどうかの区別があります。 (1)無加熱…自然解凍で食べられる (2)凍結前加熱…加熱調理 (3)凍結前未加熱…加熱調理(業務用が多い) 家庭用の冷凍庫では、どのくらい保存できるのでしょうか。 低温では細菌も活動できないので製造から1年はもちます。 冷凍庫ドアの開閉をなるべく少なく、短時間で済ますのがコツ。 ただ、どうしても味の劣化は避けられないので、賞味期限内に食べた方がいいでしょう。
フランスの冷凍食品専門店も日本に進出しました。 「ピカール」(picard)」といい、フランスで約20%のシェアを誇ります。 ラタトゥイユやフォアグラのスライス、クロワッサンなど。 家でフランス料理が食べられるので人気です。 ところで、「そうざい半製品」という商品も冷凍食品と同じコーナーに陳列されているようです。 パッケージも似ていますが、冷凍食品とは違うのです。 そうざい半製品は、フライパンで焼いたり油で揚げたりする点は冷凍食品と同じです。 しかし、マイナス18度を保つとか、細菌数の上限を定める厳格な衛生基準はありません。
「凍ったまま170~175度の油で6分間揚げてください」 そうざい半製品は、こうした指示を読まずに電子レンジで調理してしまうと、加熱不足です。 病原性大腸菌O157に感染し、食中毒になるケースも起きました。 O157は75度以上で1分以上加熱しないと死にません。 食べてから半生だと気づいても手遅れです。 そうざい半製品だけでなく、冷凍食品もきちんと表示を見て調理しましょう。 さて、千鶴さんと菊さんの今晩のおかずは何でしょうか。 菊さんの夫の電次さんは、なにやらすごい「解凍マシン」を作ったようですが…。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 新型コロナ 福島・天栄村で「10万円」二重交付

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです