メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関西国際空港

LCC専用、新ターミナル 訪日4000万人時代へ 28日開業

関西国際空港の第2ターミナルビル。国際線エリア(中央左側の棟)が新設された。既存部分(右側の棟)は国内線エリアとなる=2017年1月12日、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 関西の空の玄関口、関西国際空港(大阪府)に格安航空会社(LCC)の国際線専用の新施設「第2ターミナルビル(国際線)」が28日、開業する。新たに11の搭乗ゲートが増え、ピーチ・アビエーションと中国の春秋航空が使用予定。免税エリアには、利用者の主な移動ルート沿いに店舗を配置する「ウオークスルー型」の商業エリアが日本の空港で初めて登場する。アジア方面を中心にLCC便が増加するなか、関空島対岸ではホテル開業の動きも加速し、さらなるインバウンド取り込みを狙う。【井川加菜美】

 関空を運営する関西エアポートが昨年発表した2016年国際線の冬スケジュール(昨年10月30日~今年3月25日)によると、国際線旅客便数は過去最高の週1131便で、うちLCC便は週390便。LCC便の割合は、関空を拠点とするピーチが就航した12年冬は17・9%(前年冬7・5%)だったが、16年冬は34・5%まで伸びた。新しくできる第2ターミナル(国際線)では小型機は11機まで、中・大型機なら5機ま…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文1109文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆうちょ銀「mijica」で不正引き出し 54人の計332万円 送金機能を悪用

  2. 山口達也容疑者「友人宅へ行く途中だった」 酒気帯び運転容疑 警官運転の車に追突

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです