メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保護猫カフェ

触れ合って 飼い主とつなげる場に 中区 /広島

たくさんの猫と触れ合える保護猫カフェ=広島市中区で

 飼い主に捨てられるなどして保護された猫と触れ合い、希望すれば引き取れる「保護猫カフェ」が中区大手町5の鷹野橋商店街にオープンし、話題を呼んでいる。訪れた人が楽しむだけでなく、新たな飼い主と猫をつなげる場になっている。【竹内麻子】

 保護猫カフェ「ネコリパブリック広島」は昨年10月末にオープンした。常時、10匹の猫が出迎える。保護猫は、捨て猫や多頭飼育で世話ができなくなった猫が多く、新たな飼い主が見つかりにくい生後6カ月以上の猫を和歌山県と島根県の保護団体から譲り受けている。個人から直接、猫を引き取ってはいない。

 店内では、本や飲み物を楽しみながら猫と遊ぶことができる。猫を飼いたい人にとっては、ペットショップや…

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に空いてなかった? 桜を見る会名簿廃棄「5月9日のシュレッダーの怪」を追う

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 「桜を見る会」の飲食物提供を毎年受注 ジェーシー・コムサはどんな会社なのか

  4. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  5. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです