メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

「農福連携」の可能性=中央大教授・宮本太郎

 農業と福祉の「農福連携」が注目を浴びている。「弱い」部門同士のようだが、この連携は農業と福祉の双方の変化を促す。そして、新たな地域づくりの基盤ともなる。

 農業が福祉で生かされるのは、「癒やしの場」としてだけではない。農福連携は、農業が多様な人々が関わることのできる就労の場となり、さらに製造、販売などの事業とともにいわゆる第6次産業的な展開をするきっかけともなっている。逆に福祉の側は、この連携で地域経済との結びつきを強める。また、障害者や生活に困窮した人々に就労機会を広げる。

 青森県弘前市は、リンゴ生産量で日本一だが、後継者不足でリンゴ農家が減り続けている。同市では大阪府泉…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  2. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです