メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
時評・点描

札幌の活躍 東京の追い風に=鈴木大地

 第8回冬季アジア大会が2月19~26日、札幌市を中心に行われる。競技会場に近い方はもちろん、報道などを通して多くの方に冬季競技の魅力を味わっていただきたいと思う。

 冬季アジア大会は、日本オリンピック委員会がアジア・オリンピック評議会に提唱して創設された日本発祥の総合大会だ。今大会は31の国と地域から約2300人の選手と役員が参加する見込みだという。この中には、競技力の問題もあって冬季五輪に縁遠い国もある。アジア大会に出場すること自体が国内にスポーツの存在を知らしめ、子供たちの夢をはぐくむ。北米や欧州は遠いが、札幌に行ってみてウインタースポーツに挑戦しようという人たちが出るかもしれない。

 昨年12月、札幌市で行われた国際会議に出席するため、北海道に出張した。この間、札幌市では12月上旬…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文823文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです