結核

アフリカで日本のお灸が大活躍 薬副作用緩和に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
お灸の仕方を習うウガンダの看護師ら=モクサアフリカ提供
お灸の仕方を習うウガンダの看護師ら=モクサアフリカ提供

 結核で毎日約2000人が亡くなるとされるアフリカで、英国のチャリティー団体「モクサアフリカ」が日本のお灸(きゅう)に着目し、治療に伴う薬の副作用を和らげるのに活用している。日本で戦前に行われていた研究を基にしており、現地の大学と協力して感染拡大防止の効果を調べる臨床研究も進めている。

 結核は、世界でエイズに次いで死亡者が多い感染症で、世界保健機関(WHO)の推計で年間約150万人が死亡している。特にアフリカは人口当たりの新規患者数が多く、エイズウイルスとの重複感染や主要な薬が効かない多剤耐性結核の広がりも対策を難しくしている。

 モクサアフリカは、お灸に使う「もぐさ」が名前の由来で、英国のしんきゅう師、マーリン・ヤングさんらが2008年に設立。米国のしんきゅう師免許を持つ日本人の伊田屋(いたや)幸子さんも参加している。

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文785文字)

あわせて読みたい

注目の特集