メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マンホールカード

集めて楽しい120種、4月に全国網羅

マンホールカードの一例。静岡県富士市のマンホールは駿河湾から見た富士山をデザインしている。カード左下の数字はマンホール所在地の緯度と経度。全国を9ブロックに分け、枠の色を変えている=GKP提供

 全国のマンホールのふたの写真をあしらった「マンホールカード」が人気だ。下水道のPRを目的に昨年4月から3回にわたって発行したところ、増刷するほどの反響を呼んでいる。4月には、全都道府県を網羅するとともに、収納・分類に便利な専用アルバムも導入する予定で、関係者の鼻息は荒い。

 カードは縦88ミリ、横63ミリ。表にマンホールの写真、裏にはデザインの由来が書かれ、各自治体の下水道関連施設や観光案内所などで無料配布している。国や自治体、企業などで作るPR組織「下水道広報プラットホーム」(GKP、東京都千代田区)が、下水道の「くさくて汚く、見えにくい」イメージを克服し、その重要性を理解してもらうために導入した。これまでに41都道府県・109自治体の120種類を発行している。

 名所などがカラーで描かれたマンホールは海外から注目される「クールジャパン」アイテムとも言われる。GKP企画運営委員でカード部門リーダーの山田秀人さん(41)は、「日本のマンホールは世界に誇れる文化物。まずはデザインを楽しんでもらい、その先にある下水道とは?と思ってくれれば」と話す。

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1252文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです