メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR五能線

「相変わらず何もない」という魅力 

驫木駅の目前には日本海が広がる=青森県深浦町で2016年12月12日午前9時38分、佐藤裕太撮影

 目の前には日本海。小さな待合室だけの無人駅。「見るものは何もないですよ」。JR五能線にある驫木(とどろき)駅(青森県深浦町)で、始発の下り線を待っていた深浦町の工場従業員、竹越早知さん(68)はそう笑った。30年以上、この駅を使っているという。

 ただ、毎朝意識することもある。沖合に漁船があるかどうか。「沖合のいつもの位置に船が出ていれば時刻表通りです」。そう聞いて、ふと海に目をやった。船が見えた。列車も時間通りに来た。海沿いの街の変わらない風景がそこにある。

 水平線まで続く海と空、その手前にぽつんと駅舎が立つ構図が、JRの2002年春の「青春18きっぷ」の…

この記事は有料記事です。

残り1088文字(全文1370文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. 「嵐」二宮和也さん、元アナウンサー女性と結婚 「一人の男としてケジメ」

  4. 「相談受ける立場を利用し悪質」 教え子の女子中学生らに校内でみだらな行為 元教師に実刑判決

  5. 火縄銃2丁や刀剣など盗難 奈良・大和郡山市所有 倉庫の鍵はガスメーターの陰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです