メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

事故

サッカー授業中、ゴールの下敷き…小4男児が死亡

ハンドボール用ゴール付近を調べる警察官ら=福岡県大川市の市立川口小学校で2017年1月13日午後0時42分、林壮一郎撮影

 13日午前9時40分ごろ、福岡県大川市一木の市立川口小(永渕外勝(そとかつ)校長、児童数257人)のグラウンドで、体育のサッカーの授業中、4年生の男子児童(10)がハンドボール用ゴールの下敷きになり首や肩を挟まれた。病院に搬送されたが約4時間後に死亡した。

 県警などによると、ゴールは高さ約2メートル、幅約3メートル。ハンドボール用だが授業でサッカーのゴールとして使用し、類似品から推定した重さは約130キロ。男児はゴールキーパー役で、味方が相手ゴールに得点したことを喜び、自陣のゴールネットにぶら下がり、倒れたゴールの下敷き…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文660文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです