メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おもしろインタビュー

ヘレン・パンクハーストさん 自分の行動で世界を変えて

[PR]

 女性じょせい政治参加せいじさんかみとめられていなかった1912ねんのイギリスを舞台ぶたいに、権利けんりもとめて活動かつどうする女性じょせいたちをえがいた映画えいが未来みらい花束はなたばにして」が、27にちから全国ぜんこく映画館えいがかん公開こうかいされます。作品さくひん登場とうじょうするエメリン・パンクハーストさんは、「言葉ことばよりも行動こうどうを」ととなえた実在じつざい人物じんぶつです。ひまごのヘレン・パンクハーストさんにおはなしきました。【浅川淑子あさかわよしこ

     ☆作品さくひん印象いんしょうは。

     ★主人公しゅじんこうモードをはじめ、権利けんりもとめてきる女性活動家じょせいかつどうか「サフラジェット」が力強ちからづよえがかれているとかんじました。モードが「わたしたちはつ」としんじて行動こうどうした姿すがたには感動かんどうしました。

     ☆エメリンさんのひまごとして製作せいさくかかわったそうですね。

     ★曽祖母そうそぼ女性社会政治同盟じょせいしゃかいせいじどうめいつくり、サフラジェットの活動かつどうひきいたひとです。シンボルである花束はなたばのバッジは、エメリンのむすめであるわたし祖母そぼがデザインしました。一族いちぞくとして、作品さくひんへのシンボル使用許可しようきょかかかわったほか、脚本きゃくほんかんして監督かんとくはないました。映画えいが最後さいごに、女性参政権じょせいさんせいけんみとめられた各国かっこく年代ねんだい字幕じまくながれますが、わたし提案ていあんです。世界中せかいじゅうひと女性じょせい権利けんりについて身近みぢかかんじてもらいたいとおもったからです。

     ☆作品さくひんには、サフラジェットの女性じょせい過激かげき行動こうどうをとるシーンもてきます。

     ★当時とうじ政党せいとう女性参政権じょせいさんせいけん成立せいりつさまたげたとき、サフラジェットの女性じょせいたちが電話線でんわせんったり、郵便ゆうびんポストにはなったりしたシーンがあります。過激かげき行動こうどうには批判ひはんもありますが、歴史れきし一部いちぶ。それが原因げんいん刑務所けいむしょれられた女性じょせい残酷ざんこくあつかいをされ、くなったひともいます。ショッキングな内容ないようも、ただしくつたえる必要ひつようがあります。

     ☆イギリスではサフラジェットはよくられていますか。

     ★学校がっこうでは、先生せんせい方針ほうしん選択せんたくするコースにもよりますが、おおくのどもたちが歴史れきし授業じゅぎょうまなびます。わたし小学生しょうがくせいたちのまえ当時とうじ女性じょせいたちの衣装いしょうはな機会きかいがあり、みんな一生懸命聞いっしょうけんめいきいてくれます。

     ☆女性じょせい支援しえんする活動かつどうをされていますが、エメリンさんの影響えいきょうけているのですか。

     ★まれたときには曽祖母そうそぼくなっていましたが、12さいのころからエメリンのひまごとしてインタビューをけてきたので、サフラジェットには興味きょうみがありました。2012ねんひらかれたロンドン・オリンピックではサフラジェットを紹介しょうかいする演出えんしゅつがあり、わたし当時とうじ衣装いしょう出演しゅつえんしました。いまは、エメリンの一族いちぞくである自分じぶん使命しめいとして活動かつどうしています。

     ☆いまどもたちにつたえたいことは。

     ★映画えいがでは、一人ひとり女性じょせい自分じぶん意思いし行動こうどうえらび、世界せかいえようとします。みなさんも、どんなちいさなことでも自分じぶんみちえらび、のち世界せかいえるような行動こうどうをしてほしいです。


    プロフィル◇

     1964ねん、エチオピアまれ。イギリスの大学だいがく社会科学しゃかいかがくまなんだあと女性じょせい権利問題けんりもんだいむNPOで活躍かつやく現在げんざいは、女性じょせいどもの貧困解決ひんこんかいけつ支援しえんするNGOのキャンペーン・アンバサダーをつとめるほか、家庭内暴力かていないぼうりょくにさらされる女性じょせい支援しえんする「パンクハースト・センター」を運営うんえいしている。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

    3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

    5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです