メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

お笑い芸人業組合

「事務所所属に引けとらない」 フリーの桜もちひこさんら結成 ただいま人気上昇中 /福岡

門司港かんださんらと立ち上げたNACUで「芸人を目指す人の憧れの存在になりたい」と話す「桜ミントカフェ」の桜もちひこさん

 福岡でも大手の芸能事務所が活動する中、フリーのお笑い芸人が仲間とともに「非所属お笑い芸人業組合(NACU)」を結成し、徐々に活動の幅を広げている。組合発足に携わった桜もちひこ(本名・大塚勇樹)さん(34)は「事務所所属の芸人に引けをとらない組合にしたい」と意気込んでいる。【吉川雄策】

門戸開放の定期公演 天神で毎月第3日曜

 桜さんは飯塚市出身。芸に憧れ、2004年に高森一平さん(35)と漫才コンビ「桜ミントカフェ」でデビューし、事務所に所属せず活動する。だがフリーの芸人は、単独で仕事を得る機会が限られ、出演できる舞台も少ないことから、同じフリータレントの門司港かんださん(39)、漫才コンビ「イエローバカンス」の荒木まつり(同・荒木大州)さん(27)、吉屋駿さん(24)…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  4. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  5. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです