メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

世界と競う日本ベンチャー(その1) AI最前線に「宇宙人」

「ロボット部屋」でAIを使ったロボットの説明をするプリファード・ネットワークスの岡野原大輔副社長=東京・大手町で、丸山博撮影

 東京・大手町。ビジネスマンが行き交うオフィスビルの地下1階に、通称「ロボット部屋」はある。人工知能(AI)を搭載した1台が昨年6月、世界を驚かせた。

 はさみ、コップ、ぬいぐるみ……。形も材質も異なる物の中から、指示された物をロボットが見つけ、棚から取り出す。その速さと正確さを競う国際大会がドイツで開かれ、日本のベンチャー企業が手掛けたこのロボットは初出場で2位に食い込んだのだ。

 大会用にロボットアームを改良して臨んだオランダチームに最初の物をつかむまでの時間は敗れたものの、全…

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです