メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

ロンドン ヒッポドローム カジノ「人の管理重視」 依存症の兆候、フロアで監視

 アベノミクスの切り札に位置づけられるカジノ。統合型リゾート(IR)整備推進法が成立したことでカジノ解禁に動き出した日本だが、英国では伝統的に賭け事が娯楽として楽しまれている。カジノはどんな空間なのか。英国最大級のカジノに入ってみた。

 ロンドン中心部、レスタースクエア。複合型カジノ施設「ヒッポドローム」は、外国人や観光客でにぎわう繁華街の一角に位置する。歴史的建造物に指定され、外観はルネサンス風の古風な雰囲気が漂う造りだ。

 入場料は無料だが、18歳未満は入ることができない。笑顔のスタッフの手招きで入り口をくぐると、薄暗い照明の下にカジノフロアが見えてくる。

この記事は有料記事です。

残り1439文字(全文1720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  3. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

  4. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  5. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです