メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

沼野充義・評 『聖愚者ラヴル』=エヴゲーニー・ヴォドラスキン著

 (作品社・4536円)

中世ロシアから 現代世界への批判

 ロシアでなければ生み出せないような小説である。著者のヴォドラスキンはもともと中世ロシア文学の研究者で、ロシア科学アカデミー・ロシア文学研究所の研究員。しかし二〇一二年、四八歳のときにこの小説を出版して、ロシア国内で大きな賞を次々に受賞しただけでなく、一躍国際的にも注目され、いまや「ロシアのウンベルト・エーコ」などとの呼び声も高い。彼の作家としての出世作『聖愚者ラヴル』は、すでに二〇カ国語以上に翻訳されている。

 中世ロシアに関する著者の学識を生かした物語である。時代は一五世紀。ロシアのとある修道院の近くの寒村…

この記事は有料記事です。

残り1177文字(全文1462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  2. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

  5. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです