メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

磯田道史・評 『江戸の乳と子ども-いのちをつなぐ』=沢山美果子・著

 (吉川弘文館・1836円)

生命連鎖可能にした「授乳」の歴史

 中根東里(なかねとうり)という陽明学者の評伝を書いたことがある。そのとき「貰(もら)い乳」の深刻さを知った。江戸期は母子ともに死亡率が高い。母が産後に死ぬと、乳児は「乳」という命綱を絶たれて、すぐさま死に瀕(ひん)する。貧しい家では「貰い乳」といって、父が泣く子を抱いて近隣の女から乳を貰って歩く(『無私の日本人』文春文庫)。前近代社会で、人間が生命を連続させることの困難さは想像を絶する。本書は副題に「いのちをつなぐ」とあるように、人間の生命をつなぐ「乳」の歴史である。日本政治史・外交史は昔からあったが、これまで「日本授乳史」はなかった。歴史は人間の営みの連続で、前近代には、女が子に乳を授けることでしか、人間は連続できなかった。そうならば、人間生命体の連鎖を可能にした授乳についての歴史叙述は不可欠である。それが、とうとう出た。

 この本には、江戸時代の「乳」をめぐる事情が満載されている。終戦直後まで、その風景は残っていたが、江…

この記事は有料記事です。

残り1028文字(全文1476文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  3. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  4. 乳がん闘病経験、赤裸々に 心理描き患者にエール 兵庫・宝塚の水彩画家が個展

  5. 徳勝龍「夢のよう。フワフワしている」初優勝一夜明け、喜びかみしめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです