メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフル

岐阜・山県で陽性反応 養鶏場で100羽死ぬ

鳥インフルエンザの疑いのある養鶏場(奥)へ通じる道路を防護服姿で封鎖する警察官=岐阜県山県市で2017年1月14日午後6時20分、木葉健二撮影

 岐阜県は14日、同県山県市の養鶏場で死んでいた鶏から簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。遺伝子検査を行い、同日深夜にも鳥インフルエンザと確定した場合、県は24時間以内にこの養鶏場で飼育している約8万羽全てを殺処分する方針。

 名古屋市の東山動植物園で飼育していた鳥が高病原性鳥インフルエンザに感染し、休園問題に発展したが、今回感染が確認されれば家きん類では東海地方で今季初めて。岐阜県では過去に野鳥…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想の住民投票始まる 深夜に大勢判明 大阪市廃止の賛否問う

  2. 伊藤詩織さんが「虚偽告訴」「名誉毀損」? 「書類送検」報道を考える

  3. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  4. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  5. ミス、コピペ続々…予算の無駄削減やる気ない政府 「行政レビュー」誤記 民の監視も阻害

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです